charlotte sometimes (Tateno's diary 1999.3)

過ぎ去った日々はすべて哀しい (Tateno's diary 1999.3)

RIP多田かおるさん

1999.3.15 (20:19)

何だか色々バタバタしておりまして、更新が滞っております。

紡木たくさん関係の知人よりメールを戴き、 漫画家・多田かおるさんの死去を知りました。 「愛してナイト」などの王道少女漫画で人気があった方です。 新聞で見たとのことでしたので自分でも探してみましたところ、 朝日新聞では13日(土)の夕刊にありました。

死亡したのは11日、死因は脳内出血とのことです。 38才ですから、まだまだ若かったですよね…。 ご冥福をお祈りいたします。

ところで三原順さんの命日も近づいておりますが、 先日3/12に白泉社文庫より『X-Day』『ムーン・ライティング』 の2冊が発売になっております。この話はまた近いうちに。

誕生花

1999.3.23 (19:59)

三月はあまり更新できていないです。ばたばたしております。ううう。

某所で誕生花のサイト ( http://www.hatake.co.jp/~egu/flower.html ) が話題になっていて、立野も自分の誕生日を入力して 検索してみました。 以前、誕生花の載っている日めくりカレンダーで自分の誕生花が 「あざみ」であることは知っていました。 その時に「あざみ」の花言葉として「謹厳」が載っていたのですが、 このサイトでは「独立」でした。 独立するのがいいのかしら??

そういえば、ネットのタロット占いをして、悩ましい(?)結果が 出たこともあったカモ。その話はいずれまた。

Raining

1999.3.31 (22:54)

3月は日記さぼりまくりですね。うう。泡立たしかったです。 頑張って書かなきゃ〜>じぶん。

さて、今更ながら(?)こっこの「Raining」の話です。 昨年6月14日のここの日記 ( http://tateno.pos.to/diary/199806.html#199806140318 ) でも書いていたですが、立野はこの歌がかなり大好きです。 マジで、昨年の自分内ナンバー1ソングです。 ただ、2番の歌詞で、 「あなたがもういなくて そこには何もなくて」 というフレーズがあって、ここで 「蛇足的に失恋の歌と理由説明するようなフレーズがあるせいで かえって興ざめになる。 何か大衆に‘わかりやすい’音楽にしなければいけないような 圧力でもあったのだろうか」と、当時コメントしたことがありました。

もちろんその時は本当にそう思ったから そう言ったのですが、 先日ひとつ、こっこのことについて聞いてしまって…。

こっこさん、高校時代に、彼氏を事故で亡くしているんですって? だとしたら、前言全面撤回です。ごめんなさいです…。


立野のトップページへ / 立野日記トップ / 当サイトをリンクしたい方へ
(C) Mai Tateno 立野 昧